倉敷、玉島のいい家づくりなら
株式会社 矢野工務店

お問い合わせ

倉敷、玉島のいい家づくりなら 株式会社 矢野工務店

倉敷市玉島「矢野工務店」のスーパーウォール工法

アイコン
スーパーウォール工法

トップ > スーパーウォール工法

「快適」「健康」「省エネ」「安心」を最高水準まで高める。
暮らしの質を進化させる、スーパーウォールの家。

スーパーウォールの家とは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱、高耐震構造の家のことです。快適、健康、安心、省エネという観点から、暮らしの質を最高水準まで高め、その違いを実感できる「暮らし性能」を追求しています。私たちが特に挙げたいポイントは以下の通りです。

1温熱環境
部屋間の温度差だけでなく、部屋の上下の温度差も少ない。

倉敷市玉島「矢野工務店」のスーパーウォール工法の特長

スーパーウォール工法の特長について

エアコンをつけたリビングは快適でも、廊下やトイレに出ると暑さ寒さがどっと来る経験はありませんか?この温度差は暮らしの快適性を損ねるだけでなく、特に冬場の寒さはヒートショックともいい、家族の健康にも影響を及ぼします。スーパーウォール工法の家は、魔法瓶のような高い気密・断熱性が特長です。家の中の温度差が格段に少なくなります。
掲載データは下記条件でシミュレーションにより算出した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。算出条件 ●AE-Sim/Heatにより算出した2月24日20時の室温 ●弊社実証実験住宅プランで試算(2階建て/延べ床面積:93.31㎡) ●家族構成:4人家族 ●団冷房機器:エアコン ●暖房:20℃ ●暖冷房運転:間欠運転(LDKのみ)  ●気象条件:拡張アメダス気象データ2000年版の東京を使用 ●住宅断熱仕様:(一般住宅)昭和55年省エネルギー基準Ⅳ地域適合レベル、(SW工法住宅)天井・外壁:SWT100、床:XPS100mm、開口部:サーモスXPG、玄関:K1.5仕様、換気:エコエア90

倉敷市玉島「矢野工務店」の壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較

壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較

気密・断熱性にすぐれたスーパーウォールの家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差も少ないことが実証されています。暖房が効いている温かいリビングのはずなのになぜか足元が寒いということがなく、床に座って遊ぶ小さいお子さんにも寒い思いをさせることはありません。

2災害への備え
壁倍率5倍のパネルを実現。さまざまな災害から家族を守る。

倉敷市玉島「矢野工務店」の災害から守るスーパーウォールパネル

災害から守るスーパーウォールパネルとは

家族や大切な財産を守るためには、家づくりにおける災害への備えが大事です。高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで効率よく耐力壁を配置することが可能になります。

※壁倍率とは地震の横揺れに対する強度のことです。数値が大きいほど強い壁を表します。(壁倍率1倍は、軸組工法の柱間に90×15mmの木材を筋交いとして入れた場合の強度)

倉敷市玉島「矢野工務店」の安全性の高い住まいの壁

安全性の高い住まいは壁の耐力で実現する

図1で変形した面積が同じなら、右の壁は水平方向の外力に対して、左の壁の5倍の耐力を持っている。つまり、「壁倍率5倍」ということになります。
また、スーパーウォールの家では大規模地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3の設計を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

3品質と保証
断熱材内部の結露による劣化を35年保証。

スーパーウォールパネルに使用している断熱材は、水分を通しにくい硬質ウレタンフォームを採用。室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。LIXILは、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証※します。
※対象となる断熱材は壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります。